トップページ > 敏感肌は美白効果が効きづらいって本当?あきらめるしかないの?

敏感肌は美白効果が効きづらいって本当?あきらめるしかないの?

敏感肌であると、通常の化粧品を使うだけでも皮膚がヒリヒリし、まともに使えない場合が非常に多いです。

それに敏感肌は、美白効果がなかなか効かないとも言われており、女性にとって本当に辛い肌の状態であります。

そもそも乾燥や肌荒れに悩みやすい肌ですので、どうしても美白にまで手が回らないという方も多いはずです。

しかし、敏感肌の方でも、正しいケア方法や敏感肌用の化粧品を使うことによって、通常の肌のように美白効果が期待できる可能性もあります。


こちらのページでは、敏感肌でも美白を諦められない方のために、敏感肌でも効果を感じる美白ケアの方法を紹介します。

ありのままの敏感肌では美白効果は効かない

敏感肌は、通常の肌よりも炎症ができやすい状態である事を指します。

肌で起こる小さな炎症は、シミやくすみの一番大きな原因となります。

頻繁に炎症が起こり酸化が進んでいくことで、肌が老化し、シミやくすみなどの黒ずみが消えづらい状態になり、皮膚にそのまま滞留する可能性が高まってしまいます。

しかし、この時点ですでに乾燥や肌荒れのケアで精一杯になっている状態ですので、シミ対策の方までなかなか手が回らないのが現実ではないでしょうか?

ですので、敏感肌に美白効果を与えようとするならば、まず肌を作り変えることが重要となります。

「肌を作り変える」というと少々大げさにも思えますが、実際手順を見てみると意外とシンプルで難しいことではありません。

敏感肌になってしまう原因を徹底的に取り除くことで、通常の肌に近い状態に生まれ変わらせるのです。

なぜ敏感肌はこんなにも辛いのか?

敏感肌というのは通常の肌と比べて、肌を守るバリア機能が非常に低いことが特徴です。

これは乾燥肌の方と同じ状態であり、肌が荒れていたり乾燥していると肌の新陳代謝が悪くなり、肌の上皮にたまった汚れや刺激物が剥がれ落ちなくなります。

肌のターンオーバーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これが肌の生まれ変わり周期であるため、通常の肌ならば28日から56日程度で角質が剥がれ落ち、新たな皮膚に生まれ変わります。

敏感肌の方はこのターンオーバーの周期が遅かったり、表面が荒れているため上手く排出できないということになってしまいます。

敏感肌の方が美白効果を実感したいのであれば、まずターンオーバーを正常な周期に戻し、肌の再生を活性化させることが一番大切なポイントになります。

敏感肌でも美白効果を諦めないために

これらを踏まえて単純に考えると、敏感肌の人はバリア機能を上げれば良いのかということになると思います。

実は、これが大正解。

バリア機能をしっかり働かせることで敏感肌でも、徐々に正常なターンオーバー周期に戻っていきます。

まずはシミやくすみを気にするのではなく、肌全体の状態を正常な肌へ近づける努力をしていきましょう。

そのために必要な成分が最強の保湿成分の呼び声が高い「セラミド」になります。

セラミドは肌の水分をしっかり保ってくれる成分であり、多くの化粧品に含まれています。ただし、効果の低い疑似成分(疑似セラミドと呼ばれます)が含まれているケースもあるため成分チェックを慎重に行う必要もあります。

特に敏感肌用の化粧水などには、セラミドの浸透率をさらに引き上げる工夫がされた商品も存在しますので積極的に活用していきましょう。

肌の炎症を抑え、ターンオーバーを正常化された肌。美白化粧品の効果が最大限に発揮されるのはここからです。

基礎化粧品を選ぶ際には、セラミドともう一つ、抗酸化作用や炎症対策のされている敏感肌用化粧品を選ぶとさらに高い効果を得ることができるでしょう。

これらの条件がすべて組み合わせっている商品が、当サイトでおすすめをしている「サエル」でもあります。

抗酸化・抗炎症・外部からの刺激の抑制に加え、通常のセラミドの4倍の保湿力に加工したセラミドナノスフィアが肌にうるおいを与え、ターンオーバーを正常化する手助けをしてくれます。

敏感肌でも美白ケアをあきらめないで!

今まで「敏感肌だから美白効果も全く効かなかった・・・」という方は、まだあきらめないでください。

敏感肌の方でも、肌をしっかり保湿させ炎症を防ぐことで、美白効果がバッチリ効く肌に仕上げることができます。

ここで重要なのが敏感肌用の基礎化粧品選びでありますので、もしそれらを適当に買ったもので済ませていたのであれば、本来の美白効果は期待できないかもしれません。自分の信用できる基礎化粧品を使って、肌を正常な状態に戻してから美白化粧品の効果を楽しみましょう。

メニュー